子どもに残したい時計【5選】

時計紹介

子供に遺すのに、いい時計はないかな?

そんなアナタにオススメの時計を紹介します!

子供に残したい時計5選 というテーマで
現役の時計バイヤーである私が、
特にオススメの時計を5本紹介します。

YouTubeでは2万回ほど再生されました。皆さん気になるテーマなんですね。

子どもに のこしたい時計【5選】

子どもに残したい時計の選定条件

子どもに残したい時計の選定条件として私が意識したポイントは大きく3つ

子どもに残したい時計の選定条件
  • 部品の供給があと30年は望めること
  • 普遍的なデザインであるということ
  • 相場が安定しているということ

順番に解説していきます。

部品の供給があと30年は望めること

まずは部品の供給があと30年は望めることについて。

そんな中でも特に、メーカー側が、
「ずっと修理を受けるよー」ってことを明言しているのは
世界3大時計のパテックフィリップ、オーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタン、
あとはIWCとジャガールクルトですね。

ちなみにこれは「部品を永遠に取っておく」というよりは、「依頼があればどうにかするよ!」
というようなイメージです。
ただ、これをメーカーが言ってくれてるのはスゴイことなんですよね。

メーカー側がどんだけ古くても断らないと明言しているのは、
今から高級時計を買って子供に遺したいと思っている方にとっては心強いですよね。

ただ、この点に関しては、3Dプリンターがもっともっと発展して普及して
一般の修理屋さんでも、今よりもっと簡単に必要なパーツを作ることが出来るようになれば
だんだんハードルは下がるのかな?とも思ったりもします。

一応、永久修理をうたっているメーカーもあるよ!ということで紹介してみました。

普遍的なデザインであるということ

次に普遍的なデザインであるということについて。

例えば、こちらの2本。オメガのシーマスターポラリスと、ロレックスのエクスプローラーⅠですね。

これはどちらも、今からおよそ30年前の時計です。
同じ時期に、新品で販売されていました。

どちらも素晴らしい時計です。しかし、今回のテーマに沿って、
2020年に成人した方、あるいは新社会人の方が、父親からもらって付けることを考えた時に
おそらくロレックスのエクスプローラーⅠのほうが、着けやすいですよね。

というか実際、このエクスプローラーⅠ 14270が30年前の時計とは思えませんよね。
これは現行の214270も大きくデザインを換えていないことと、
そもそものデザインがシンプルであることが理由であると言えます。

同じような理由でIWCにパイロットウォッチだとか、
あとはシンプルでは無いですが、現行型とデザインが変わらないという点では
オメガのスピードマスタープロフェッショナルなんかも30年前のモデルでも古く見えませんよね。

今からさらに30年後の2050年の、その時の現行型が、今と同じようなデザインである保証はないですが
まぁ、その可能性が高いものとして、デザインが普遍的なものを選んでおくのがいいのかなーと思います。

相場が安定しているということ

最後に、相場が安定しているということについて。

これは資産を子供に残すという意味でも大事ですし、
万が一、子供がその時計を気に入らなかった場合に、それを売って好きな時計を買う元手となるように
考慮しておきたいポイントです。

子どもに残したい時計【5選】

というわけで、以上の3つのポイントを元に、オススメの5本を紹介します!

ロレックス エクスプローラーⅠ

1本目はロレックスのエクスプローラーⅠです。

もうド直球ストレート過ぎてつまらないかもしれませんが、
これが王道ですよね。
買うモデルに関しては、どれでもいいとは思うんですが、
今、既にそこそこ大きいお子さんがいらっしゃるなら
あえて旧型で、生まれ年に製造された個体を探すのもいいですよね。
生まれ年に製造されたロレックスを成人したら渡す。素敵です。
↓今年20歳、生まれ年が2000年ならP番の14270ですね↓


同じように、今からお子さんが生まれるなら、生まれたその年に買っておくっていうのもいいんですが、
現在、定価では手に入りづらいのと、あとは製造年自体はわからなくなったので、厳密には買った年になってしまうのがちょっと残念なところです。

そんな感じでロレックスのエクスプローラーⅠをまずはオススメします。

オメガ シーマスター300 マスターコーアクシャル


2本目はオメガ シーマスター300 マスターコーアクシャルです。

これは、すでにアンティークな見た目をしてるんですが
モデル年式は新しいんですね。いわゆる復刻版というヤツですね。

今見ても、アンティークな雰囲気を感じるけどカッコイイと思えるデザインは、
おそらく30年後もカッコよく見えるはずです。

見た目とは裏腹にムーブメントは最新で、
主要なパーツがシリコンとなって金属のように磁気を帯びることがないため、
これまでにない耐磁性能を誇ります。
さらにシリコンによって、パーツ同士の摩耗も極限まで少なくなり
通常3年から5年に一回は必要なオーバーホールも、従来の2分の1、10年に一回でいいよーみたいな新世代のムーブメントです。


実際、各メーカーの新型のムーブメントは、どんどんシリコンパーツが導入されていて
次世代のスタンダートとなることは間違いないですよね。

その辺りのことを考慮しても、このオメガ シーマスター300 マスターコーアクシャルはお勧めです。

オメガ スピードマスタープロフェッショナル

3本目はオメガのスピードマスタープロフェッショナルです。

正直、30年前のスピードマスタープロフェッショナルと現行型のスピードマスタープロフェッショナル、
パッと見ただけでは、どっちがどっちかわかる自信がありません。
それくらい、大まかなデザインは変わってないんですね。

以下はおよそ30年前のモデル。ロゴのrが下がっているので[下がりr]と呼ばれたりします。


更に今から30年後の2020年も同じデザインであるかは保証出来ませんが、
オメガの顔となっているモデルなわけですし、おそらく変わらないんじゃないかと思っています。

流通本数も多いのでパーツに困ることもないでしょう。

相場的にも
旧型のスピマスプロも結構値段が上がってきていますので、安定でしょう。


というわけで、
オメガのスピードマスタープロフェッショナルもお勧めです。

IWC パイロットウォッチ マークシリーズ

4本目はIWCのパイロットウォッチのマークシリーズです。
これも1本目に紹介したエクスプローラー1と同じく
シンプルデザインかつ、シリーズ初期からデザインが大きく変わっていないことがポイントです。

そしてIWCといえば冒頭で申し上げた通り、永久修理をうたっている安心感もあります。

いつの時代もミリタリーウォッチっていうのはカッコイイですよね。

このマークシリーズも民間用モデルとしてマーク12が発売されたのが1993年ですが
実際、その大元となった軍用のマークシリーズは1930年代に登場しています。
すでに90年近く、似たような雰囲気のデザインで、今でもカッコイイわけですから
おそらく30年後の2050年もカッコイイでしょう。


そんなわけでIWCのパイロットウォッチのマークシリーズもお勧めです

タグホイヤー モナコ

最後の5本目はタグホイヤーのモナコです。

モナコも、誕生からほぼデザインが変わらないモデルですよね。
そして最新機種にはなんとホイヤー02が積まれています。

ホイヤー02を積んでいるモデルといえば、ちょっと派手目なカレラを思い浮かべますが、
去年、このモナコにホイヤー02が積まれたモデルが発表されました。
この落ち着いたデザインの中に、バリバリの最新ムーブメント搭載というのは、
2本目に紹介したオメガ シーマスター300 マスターコーアクシャルにも通ずるものがありますよね。

キャリバー12を積んだ従来のモナコと
ホイヤー02を積んだモナコは定価ベースでも10万もかわらないはずなので
どうせならホイヤー02搭載のモナコがいいのかな?と個人的には思います。


中身は最新で、デザインは普遍的な。
このタグホイヤーのモナコもオススメです。

まとめ

今回紹介した以外にも、
子供に残したいと思えるようないい時計っていうのはたくさん存在すると思うので
ぜひ、これがオススメ!という時計をコメント欄に残していってもらえると
私も含め、時計好き同士、情報共有が出来るので嬉しいです。

腕時計オーバーホール業者ランキング
時計修理専門店CIEN(シエン)

CIENさんは、元ロレックスの技術者さんを始め、
メーカー出身者が揃う、まさに時計修理のプロ集団です。
見積もりは無料で、
作業を依頼しない場合にもキャンセル料は掛かりません。
見積もり依頼をすると、無料で梱包キットが届くので、
依頼したい時計を入れて送るだけです。

時計修理専門店WATCH_COMPANY

お次にご紹介するのはウォッチカンパニーさんです。
時計雑誌「パワーウォッチ」などでご存知の方も多いでしょう。
中古時計販売店からの依頼も請け負っている
大規模な修理業者さんです。
もちろん個人でも見積もり依頼できます。

ウォッチワース

最後にご紹介するのはウォッチワースです。
何を隠そう、私が運営しています。
提携している修理工房は、時計の修理一筋40年の老舗で
私も会社員時代から合わせると、もう12年のお付き合いとなります。
無料梱包キットと、1年保証が付帯します。
約150のブランドのオーバーホール基本料金を自動で応答する公式LINEも
ご活用ください。

時計紹介腕時計
ブログランキング
この記事が気に入ったらシェアしてくださいね
いのえーをフォローする
いのえー.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました