チタン製の腕時計【おすすめ5選】

時計紹介

今回はオススメのチタン時計を5本紹介します!

YouTubeでも同じような内容を語っております♪

チタン製の腕時計【オススメ5選】

時計の素材としては、ステンレススチールが主流ではありますが
軽くて頑丈な素材として、チタンの時計も人気がありますよね。

チタン時計について

まずはチタン時計についてザックリと基礎知識を入れた上で
お気に入りの一本を見つけて下さい!

チタンの腕時計を初めて製品化したのはIWCで、
IWCがポルシェデザインとコラボして、今から40年前の1980年にチタンの時計を発表しています。

チタンの加工って、めちゃくちゃ手間がかかるんですね。チタン自体は地球上に沢山あって
特段貴重なものではないものの、これを金属チタンにする手間がかかる分、高いっていう感じです。

チタン製時計のメリット

チタンの時計はステンレススチールの時計と比べて、60%ほどの重さしかありません。
チタンの時計を持つと明らかに軽くて、最初はビックリすると思います。

一応メリットとして挙げたんですが、人によっては、ズッシリ感が無い分、安っぽく感じるかもしれません。

次に、さびにくさ、ですね。
時計の素材として主流のステンレススチールは、鉄にクロムなんかを混ぜて、さびにくくしたものなんですが
チタンは、何も混ぜなくてもさびにくいんですね。

ちなみにステンレススチールに配合されているクロムは
金属アレルギーを引き起こすことが多い素材です。

もちろんチタン自体にアレルギー反応を起こす方もいらっしゃいますが、
ステンレススチールの時計と比べると、圧倒的に少ないです。

チタンって人工関節だとか、インプラントですね、
歯の土台部分にチタンのボルトが使われています。

チタンって、人体の中で異物として扱われなくて、インプラントでチタンのボルトをあごの骨にブチ込んでも
あぁ人体の一部だってことで、新しい骨がどんどんチタンにまとわりついて一体化します。

そんな感じで、チタンは人体に優しい(?)素材です。

そろそろ、チタンの時計が欲しくなってきたと思うのですが、
デメリットというか、知っておいて欲しいポイントも確認してみます。

チタン製時計のデメリット

まずチタンは、強度はあるものの、表面の堅さについては
ステンレススチールに劣ります。
これは腕時計においては、傷付きやすいっていうことですね。
チタンって傷付かないって思ってらっしゃる方も多いんですが、
実はそうでもないんですね。

あとは、チタンの時計は磨けないんでしょっていわれることも多いのですが、
これはメーカーの仕上げによる問題です。

チタンの表面の堅さがステンレスに劣るっていうのをカバーするために、
メーカー独自の表面加工をしてある場合があります。
こういったモデルは、表面研磨、いわゆる傷消しをすることが難しくなります。

現在チタン製の時計として主流となってきているのは、
純チタンに表面加工したものから、チタンにアルミとかバナジウムを混ぜて作られたチタン合金で、
これだと、表面はステンレスよりも硬くて、研磨も出来ます。

見分け方としては、純チタンの時計は、グレーががっていて、チタン合金の方はステンレススチールに近い明るさです。
純チタンに表面加工してあるものは、ブラスト加工されているので、
鏡面でもヘアラインでもなく、梨地(砂壁のもっと細かい感じ)ですね。

情報があると思うんですが、
その時計に使われているチタンが、純チタンかチタン合金か、
あるいは仕上げがどうなのかによって、性質が変わってくるので、ここまでの話を参考に検討してみてください。

チタン製の腕時計【おすすめ5選】

ここからは早速、
オススメのチタンの時計を5本、紹介していきます!

グランドセイコー 9Fクォーツデイト

グランドセイコー 9Fクォーツ SBGX267

まず最初の1本目は、グランドセイコーの9Fクォーツのデイト付きモデルです!
定価は367200円で中古だと20万円前後で手に入りますね。

素材は、ブライトチタンというチタン合金です。
表面硬度も高くて、一応研磨も出来ますね。

純チタンほどの黒さもないので、普通にスーツでもよく似合いますよ。

このモデルが積んでいる9Fクオーツは世界最高峰のクォーツムーブメントとして有名です。
一般的なクォーツムーブメントとは、単に動力がクォーツっていうことが一緒なだけで、
精度も機能も、使われているクォーツまでも選別されて、
より厳しい基準で、正確に時を刻めるものを採用しています。

クォーツの時計って、機械式と比べれば、もう十分すぎるくらいの精度があるわけですが、
そんなクォーツの時計の中でもさらに、精度を突き詰めたのがセイコーの9Fムーブメントです。

動力を制御するためのゼンマイや、あとは調整用のスイッチなど、
普通のクォーツのムーブメントにはついていないようなものが沢山ついています。

そんな9Fムーブメントを積んでいても
チタン製のケースのおかげで重さは80グラムほどなので一日中着けていても疲れません。

というわけで、お勧めのチタン時計の1本目は
堅い仕事にも似合ってしまうチタン!
グランドセイコーの9Fクォーツのブライトチタンでした!

チューダー ペラゴス

チューダー ペラゴス 25600TN

2本目はチューダーのペラゴスです!
現在の国内定価は495000円で、並行輸入だと40万円ほどで手に入ります。

このペラゴスは、防水500Mで、
ケースの側面にガス抜きのバルブも備える本格派です。

詳しくはコチラの記事でどうぞ!

さびにくいというチタンの特性が最も活きるのはダイバーズ時計ですよね!
海水にも強いチタン素材、そして軽いので、
こういったスポーツ系の強度が必要なゴツメのモデルでも
なんと145gという軽量級です。

現行のサブマリーナデイトがケース径40㎜でおよそ160gですね。
ペラゴスがどれだけ軽いか分かっていただけると思います。

というわけで、お勧めのチタン時計の2本目は
ゴツイ見た目でも着けやすい、チュードルのペラゴスでした!

オメガ シーマスター プラネットオーシャン

オメガ シーマスター プラネットオーシャン リキッドメタル 232.90.46.21.03.001

3本目はオメガのシーマスタープラネットオーシャンです!
こちらもガチガチのダイバーズ時計として人気です。
ステンレススチールのモデルがよく出回っていますが、実はチタンもあるんですね。

国内定価は907,200円で、
現在、中古で50万円ほどで手に入ります。

ステンレススチールの、プラネットオーシャンの46㎜モデルだと
重さが驚異の225gなんですが、こちらのチタンモデルはなんと150gです。

プラネットオーシャンが欲しいけど、試着してみたらあまりの重さで買えずにいる方もいらっしゃると思います。
機会があれば試しに、チタンモデルも着けてみることをオススメします!

というわけで、オススメのチタン時計の3本目は、
46㎜でもこの軽さ!オメガのシーマスタープラネットオーシャンのチタンモデルでした!

ゼニス デファイ エルプリメロ21

ゼニス デファイ エルプリメロ21 95.9005.9004/01.M9000

4本目はゼニス デファイ エルプリメロ21です。
こちらのモデルはチタンケースにベゼルとプッシュボタンがブラックのセラミックのコンビ素材ですね。

国内定価は1,397,000円で、並行輸入だと72万円ほどで手に入ります。

そこそこ高い時計になってくると、
国内正規品と並行輸入品の差額が大きくなりますね。
並行輸入品が安い理由についてはコチラの記事をどうぞ!

このデファイエルプリメロ21がすごいのは、
36000振動を誇るエルプリメロをベースに、クロノグラフは驚異の36万振動で、
秒針1秒で1周するんですね。100分の1秒を計測できます。

ただこれって、めちゃくちゃパワーを使うので、普段は36000振動で時を刻みます。
パワーを貯めておくゼンマイを2つ持って、それを制御する脱針機も2つあります。

実際、普通のエルプリとムーブメント自体の重さを比べたわけではないですが
普通に考えて重たいはずですよね。

それでも、この時計の重量が150gで収まっているのは、
やはりチタンケースの恩恵と言えます。

というわけで、オススメのチタン時計の4本目は、脅威の36万振動を誇る
ゼニス デファイ エルプリメロ21でした!

ブルガリ オクト フィニッシモ

ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック 103137

最後の5本目はブルガリ オクト フィニッシモのチタンモデルです。
オクトフィニッシモは、世界一薄い自動巻きのムーブメントを搭載している時計です。
このチタンモデルは、71g。もう着けているのを忘れるレベルです。

国内定価は1,804,000円なんですが
並行輸入では120万円ほどで購入することができます。その差、60万円です。
しつこいと思いますが、並行輸入も検討してみてください。

こちらのオクトフィニッシモは、なんせめちゃくちゃ薄いです。
クォーツでもなく、手巻きでもなく、自動巻きでこれだけ薄いのが衝撃的なんですね。

というのも自動巻きのムーブメントは、
手巻きのムーブメントにローターがくっついて、2階建ての構造になってるんですね。

それがオクトフィニッシモの場合は、こんな感じで
ローターがめっちゃ小さくなって、ムーブメントと同じ階層にいます。

というわけで、オススメのチタン時計の5本目は、
ほんと、ビビるくらい薄いので、一度見てみてほしい
ブルガリのオクト フィニッシモのチタンモデルでした!

まとめ

今日は、オススメのチタン時計5選というテーマで
チタン製で、お勧めの時計を紹介してみました。

他にも素敵なチタン時計は沢山ありますので
ぜひ、これがオススメだよっといったモデルがありましたら、コメント欄より教えてもらえると嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

腕時計オーバーホール業者ランキング
時計修理専門店CIEN(シエン)

CIENさんは、元ロレックスの技術者さんを始め、
メーカー出身者が揃う、まさに時計修理のプロ集団です。
見積もりは無料で、
作業を依頼しない場合にもキャンセル料は掛かりません。
見積もり依頼をすると、無料で梱包キットが届くので、
依頼したい時計を入れて送るだけです。

時計修理専門店WATCH_COMPANY

最後にご紹介するのはウォッチカンパニーさんです。
時計雑誌「パワーウォッチ」などでご存知の方も多いでしょう。
中古時計販売店からの依頼も請け負っている
大規模な修理業者さんです。
もちろん個人でも見積もり依頼できます。

時計紹介 腕時計
スポンサーリンク
ブログランキング
この記事が気に入ったらシェアしてくださいね
いのえーをフォローする
いのえー.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました