細腕に似合う時計10選

未分類

細腕にも似合うコダワリの腕時計というテーマで
現役の時計バイヤーである私が、
特にオススメの時計を10本紹介します。

細腕に似合う腕時計【10選】現役時計バイヤーが厳選した10本を紹介します!

細腕に似合う時計【1本目】モンブリラン

1本目はブライトリングのモンブリランです。

いきなり1本目から
細腕男性が敬遠しがちなブライトリングが出てきましたが
安心して下さい。
写真のモンブリランは、ケース径38mmです。
自社ムーブを積んだ現行型でさえ40mmサイズなので
モンブリランは我々、細腕男性の味方といえるモデルです。
ちなみにモンブリランダトラはめちゃくちゃデカイのでご注意ください。

ナビタイマーそっくりのデザインですが、
真ん中に赤丸のデジマルメーターがついていたりして
ナビタイマーよりも少しクラシカルな印象を受けます。

デジマルメーターっていうのは、
1分を60秒ではなく、100デジマルで表現したものです。
距離、速さ、時間の計算をするとき、60秒の6という数字が
暗算の邪魔になるんですよね。それを解消するのがデジマルという単位時間です。

特に日常生活で使う場面はありませんが、
工場なんかの工程の効率化を図るときなんかにも
デジマル表記のタイマーを使ったりするそうです。

カップ麺の時間を計るときなんかに、
あえて300デジマルを計測するのもオツかもしれません。

こんな感じでモンブリランは、
単にナビタイマーの小さい版というわけではありません。

あえて、このクラシカルな雰囲気を身につけたくて
モンブリランを選ぶ方も沢山います。

というわけで、細腕に似合う時計の1本目は
ブライトリングのモンブリランでした!


細腕に似合う時計【2本目】インジュニア

続いて2本目!
2本目はIWCのインジュニアです。

2本目も細腕男性には厳しそうな、ゴツゴツした感じのモデルですね。
インジュニアは、名前の由来となっているエンジニアや放射線技師さんが
愛用する、どんな状況にも耐えうるよう設計された屈強な時計です。
インジュニアは耐える磁気と書いて、耐磁時計として有名です。

機械式時計は、金属製のパーツの集合体なので
磁力に弱いのです。

磁石に近づけないというのは当然ですが、
スマホとかパソコンからも微力の電磁波が発せられています。

テレビの近くだとかスマホの上に置いとく、みたいなことを
続けていると、腕時計の内部に磁気がタマってしまいます。

そんな腕時計の内部に溜まった磁気によって、
時間が狂ったりします。

腕時計にとって磁気は天敵なんですが、
インジュニアは、ある程度の磁気に耐えるようになっています。

そんな屈強なインジュニアなんですが
ケース径40mmで、厚さもわずか1cmのモデルも出てるんですね。

大きなモデルも出てはいますが、
IWCの持つクラシカルで上品な印象を考えると、
この40mm径のモデルを持つのもアリですよね。

というわけで、細腕に似合う時計の2本目は
IWCの40mm径のインジュニアでした!


細腕に似合う時計【3本目】ルミノールマリーナ

続いて3本目!
3本目はパネライのルミノールです。

いやいや、まてまて、と思いましたよね。
パネライこそデカ厚時計の代名詞的存在で、

細腕の男性にとっては、興味はあるけど
着けることは無いかなっていうブランドなんですが、

実はケース径40mmのモデルも出てるんですね。
それが今回ご紹介するPAM00048です。

40mmでも大きいよって感じる方もいるかもしれませんが、
パネライがデカ厚時計というジャンルに属することは
誰もが知っていることなので
なんていうか、「デカ厚時計をしている」という感じで
ファッションとして、あえてデカイ時計をしているんだ、と考えてみると
しっくりくるかもしれません。

この辺りの小さいパネライについても、
詳しく解説した動画をUPしています。

動画で紹介しているのは自社ムーブを積んだ42mmのPAM01392なんですけども
それでもケース径46mmのモデルとの比較するとめちゃくちゃつけやすいです。
こちらも動画概要欄に貼っておきます。

というわけで、細腕に似合う時計の3本目は
意外と知られていない小さめの
パネライ ルミノールマリーナでした!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パネライ PAM00048 ルミノールマリーナ 自動巻【中古】
価格:560500円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)


細腕に似合う時計【4本目】ブルガリブルガリ

続いて4本目!
4本目はブルガリブルガリの
BB33PLです。

一見、ただのボーイズサイズのブルガリブルガリなんですが
実はこのBB33PLはプラチナケースなんですね。
ベゼルだけとか、文字盤の装飾にプラチナを使っているというわけではなく
ケース自体がプラチナ無垢なんです。
なので、このサイズ感ながら、
めちゃくちゃズッシリしています。

プラチナ無垢なので、当然定価は
かなり高くて、当時の国内定価が250万ほどの時計です。

他にもプラチナ無垢の時計は
ありますが、
このBB33PLは、
中古の販売価格が35~50万程の間で推移しているので
比較的買いやすい部類ですね。

一見、数万で買えそうな普通のブルガリブルガリに見えて
実はプラチナ無垢っていうのがオススメポイントです。

というわけで、細腕に似合う時計の4本目は
まさかのプラチナ無垢で周りがビックリする
ブルガリブルガリのBB33PLでした!

細腕に似合う時計【5本目】スピードマスター

続いて5本目!
5本目はオメガのスピードマスターの
3510.50です。

パット見のデザインは、
月に行った時計として有名な
手巻きのスピードマスタープロフェッショナルと似ているのですが
プロフェッショナルよりも一回り小さく、
さらに自動巻きになっているので
日常でも使いやすいですよね。

スピマスプロの雰囲気を
このサイズ感で気軽に楽しめるのがいいですね。

現在、中古品が15万~20万ほどで
狙えますのでオススメです。

というわけで、細腕に似合う時計の5本目は
伝説のムーンウォッチの雰囲気を気軽に身にまとえる
スピードマスターの3510.50でした!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オメガ 3510.50 スピードマスター 自動巻【中古】
価格:205500円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)


細腕に似合う時計【6本目】エクスプローラーⅠ

続いて6本目!
6本目は
ロレックス エクスプローラⅠです。
ロレックスは、最近の相場の上がり具合が半端ないので
入れようか迷ったのですが、
細腕の方にオススメしたい時計としては
かなりポイント高いので入れてみました。

サイズアップした現行型でも39㎜サイズですが
やはりオススメしたいのは
ケース径36㎜の14270か114270あたりでしょうか。

エクワンに限らず、この世代のロレックスは
これが40㎜以下が普通サイズなので
細腕を気にすることなく付けることができますね。

というわけでオススメの6本目は
ロレックスの旧型エクスプローラⅠでした。
今の相場が買いなのかどうかは誰にも分かりませんが
5~6年前の相場を知っていると、ちょっと買う気になれません。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【48回払いまで無金利】SALE ロレックス エクスプローラーI 114270 …
価格:625000円(税込、送料無料) (2020/4/18時点)


細腕に似合う時計【7本目】レベルソ

続いて7本目!
7本目のオススメは
ジャガールクルトのレベルソです。
レベルソはラテン語で反転という意味なんですが
その名の通りで文字盤がグルっと回ります。
文字盤がグルっと回ると聞くと回転ベゼルを思い浮かべそうなんですが
裏返しになるという感じです。

要は小さくてもギミックで目立つ作戦ですね。

実際レベルソはサイズのラインナップが豊富ですが
やはりこのクラシックな雰囲気には
小さめサイズのレベルソクラシックが素敵です。

さすがに小さすぎるぜ!という方には
少し大きくて薄い
グランドレベルソのウルトラスリムなんかもオススメです。

というわけで、
オススメの7本目は
あえて小さめサイズを選びたい
ジャーガールクルトのレベルソでした。


細腕に似合う時計【8本目】クラシックフュージョン

続いて8本目です!
8本目のオススメは
ウブロ クラシックフュージョンです。

ウブロといえば野球選手がしているような
ゴツゴツの大きなモデルを思い浮かべると思いますが、
実はシンプルでスマートなモデルも出てるんですね。

それがこのクラシックフュージョンです。
ケース径は37㎜で、まさに細腕のためのウブロという感じですね。

シンプルデザインで大きなケース径だと
なんだか間延びしてしまうので、
このサイズ感がベストですよね。

こんなにシンプルでも
ケースの形状から一目でウブロとわかる独特の存在感も
ポイント高めです。

というわけで、
オススメの8本目は
意外と珍しい、シンプルウブロ
クラシックフュージョンでした。


細腕に似合う時計【9本目】ラジオミール

※写真はダイヤ入りのPAM00136(これも40㎜です!)

続いて9本目です!
9本目のオススメは
パネライのラジオミール
PAM00103です。

PG無垢のセレブなモデルです。
同じデザインでWG無垢のモデルもありますね。

40mmのクッションケースで
リューズガードもないシンプルなデザインです。

この付けやすいサイズ感の理由は、ゼニスのエリートという
うすうすのムーブメントを搭載しているからですね。

同じくエリートを搭載したステンレスモデルのラジオミールもあるのですが
こちらはなぜかケース径が42㎜でした。
それでもパネライとしてはかなりつけやすいほうですが
今回はセレブ感がたまらないPG無垢をオススメしたいと思います。

というわけで、
オススメの9本目は
さらっと着けるとカッコイイ
ピンクゴールド無垢のラジオミールでした。


細腕に似合う時計【10本目】エリートウルトラシン

いよいよ最後の10本目です。
オススメの10本目は
ゼニス エリート ウルトラシンです。

先ほどの金無垢のパネライに積まれたムーブメントである
エリートを開発したゼニスが出している、
いわば本家エリートを積んだモデルですね。

ケース径が40㎜で、厚さはなんと7.6㎜です。

エリートシリーズのシンプルモデルでは
ケース径39㎜のエリートクラシックもあるのですが

このエリートウルトラシンは、クラシックほどシンプルすぎず
少しカジュアルな印象も残したようなデザインです。

シンプルで小さな時計はドレスウォッチというジャンルで
他にも結構あるので、私はあえて1㎜大きなエリート
ウルトラシンをお勧めします。
当時の国内定価が 572,000円で
中古では30万円前後といったところです。

というわけで、
オススメの10本目は
ゼニスのウルトラシンでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DS KATOU】 ZENITH ゼニス エリート ウルトラシン Ultra …
価格:278000円(税込、送料別) (2020/4/18時点)


まとめ

細腕にも似合うコダワリの腕時計というテーマで
現役の時計バイヤーである私が、
特にオススメする10本を紹介しました。

ただ小さい時計を紹介するというよりは
その時計を選ぶ意味、というのにこだわって
紹介してみましたが
いかがだったでしょうか。

YouTubeでもぜひご覧くださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました