高級腕時計のレンタルKARITOKEを考える

腕時計

今回は、高級腕時計のレンタルについて考える。というテーマで
今、話題の腕時計の定額レンタルサービスKARITOKEについて
時計バイヤー歴12年の私が解説します。

腕時計レンタルのカリトケについて考える

バイヤー目線で、このKARITOKEについて、
こんな風に使ったらお得♪だとか、
こんな使い方は損だよねーみたいな感じで、
借り手としてKARITOKEを利用することを想定して解説します。
KARITOKEを検討する材料の一つとして参考にして頂けたら嬉しいです。

KARITOKEについて5秒で解説

すでにご存知の方も多いと思いますが
KARITOKEについて簡単に。
カリトケは、個人のお客さんから預かった時計を
個人のお客さんに向けて貸し出しているサービスです。

借り手側は月々定額で色々な時計をとっかえひっかえ着ける事ができます。
時計のランクにより
月額3980円~19800円まで料金プランが4段階あります。
個人からの委託品となるので
ほんと様々なブランドの時計があります。

詳しい説明や時計のラインナップについては
KARITOKEのページで見てみて下さい。

腕時計レンタルサービスならKARITOKE

KARITOKEを利用する意義

ここからはKARITOKEを利用する意義を解説します。
まずはメリットとデメリットの整理から。

メリットとデメリットの整理

KARITOKEを利用するメリット
  • 時計をとっかえひっかえできること
  • 少ない金額で高い時計をつけれること
  • 故障や傷の修理、オーバーホールの費用が掛からないこと
KARITOKEを利用するデメリット
  • 自分のものならないこと

唯一にして最大の、このデメリットを消せるくらい
メリットが大きければ、利用する価値あり!ですよね。

メリットとデメリットを比較

ここからはKARITOKEのデメリットである
「時計が自分のものにならないこと」
に対して、メリットをどう捉えていくか?という視点で
解説していきます。

購入しても自分の物にならないという考えかた

説明する間でもなくKARITOKEは借りた時計は
借り物なので自分の物になるわけではありません。

では買ったものは、本当に自分の物になっているのか?
考えてみます。

買ったら自分のものになるのは、当たり前の話なんですが、
時計って結構売ったりしませんか?っていうことです。

いつか売るのならば、
買うときの金額と売るときの金額の差が、
所有していた期間のレンタル代と考えても
おかしく無いですよね。

買い替え費用を考える

買うときと売るときの金額差に関しては、
買うものや買い方によってバラバラです。
買い方は以下の3点。

腕時計の買いかた
  • 国内正規品を新品購入
  • 並行輸入品を新品購入
  • 中古品を購入

今回は、買うときと売るときの差額が最も小さい、
中古での購入とKARITOKE利用で比較します。

KARITOKE利用と買い替えの比較

中古で時計を購入した場合、
モデルやタイミング、時計の状態にもよりますが
買取価格は2~3割減といったところです。

KARITOKEの月額9800円のプレミアムプランで借りれる
タグホイヤー カレラクロノグラフで比較してみます。
綺麗な中古品はおよそ27万円で購入できます。

買取は中古で購入した金額の2~3割減ということで
間をとって25%ダウンとすると、買取金額は202,500円です。
※使用感云々はいっさい考えていませんのでご了承ください。

買取が202,500円すると、買った金額との差額は67500円です。
プレミアムプラン9800円は税込で10,780円なので、
6ヶ月分+αです。

この計算であれば
半年で売るならKARITOKEで借りるほうが得。
7ヶ月以上だと買ったほうが得。

という感じです…
と言いたいところですが、実はそれだけではありません。

メリットその1を考える

ここでメリットその1を考えてみます。
KARITOKEでは、毎月1回、
追加費用なしで時計を交換することが出来ます。

つまり、半年間で6本の時計を
買い換えるのと同じこと
ですよね。

月額9800円のプランだと
先ほど例に出したカレラクロノと
同じようなクラスの時計の中から色々選べます。

このクラスの時計を毎月1本買い換えていたら、
1回の買い替えで差額67500円、
半年で405000円の費用が発生します。

こう考えると、色々つけたい人には
めちゃいいサービスであることが分かります。

1ヶ月に1回も時計を替えたりしないよ!って方は
メリットその2の、少ない金額で高い時計をつけれることを
考えてみましょう。

メリットその2を考える

KARITOKEでは少ない初期費用で高い時計を
つけることが出来ます。

今度はKARITOKEで一番高いプランである
月額19,800円のエグゼクティブプランの時計を見てみます。
ウブロやジャガールクルト、パネライ、ゼニスのような
定価100万超えの時計も数多く登録されています。

KARITOKEのようなサービスが無ければ、
この辺りの時計をはめたければ、
バーンと100万支払うか、覚悟決めてハンコ押すしかなかったですが、
KARITOKEなら19,800円でとりあえず腕に巻けるわけですよね。
これは大きなメリットです。

ついでに前章の、
「買い替え2-3割減の法則」を適応すれば、
100万の時計であれば買い替えする度に25万の費用が発生します。
これはエグゼクティブプランの12か月分です。

1年後に買い換えるくらいなら
KARITOKEを利用するのほうがお得と考えられます。

先ほどと同じで、やはり交換すればするだけ
KARITOKEを利用する価値が大きくなるので、
計算上は最低でも1年に1回時計を交換するなら、
KARITOKEがいいですね。

頻繁に時計を変えないよ!って方でも、
1年だったらどうでしょう?

ちょっと他の時計に浮気したくなる頃じゃないでしょか。
実際、KARITOKEの会員さんのほとんどは
3ヶ月以内に時計を交換している
そうです。

既に「カリトケ最高!」という感じですが
メリット3の故障や傷の修理、
オーバーホールの費用が掛からないことについても少しお話します。

メリットその3を考える

KARITOKEでは
通常使用の故障や傷の保証が、月額費用に含まれています。
もちろん、借りている間に
オーバーホールをして下さいなんてこともありません。

自分で購入したら故障のリスクと
定期的なオーバーホールの費用が掛かりますよね。

定期的なオーバーホールとは3~5年に1回、
1回につき、5万~10万前後の費用が発生するわけですが、
今回は4年に1回5万円の費用が掛かると想定します。
48ヶ月で5万円なので、月あたり約1000円です。

KARITOKEを利用するなら、オーバーホール費用は考えなくていいので
KARITOKEの利用には、この月1000円の付加価値があると考えられます。

故障のリスクについては、
起こるかわからないものを条件に入れて比較するのはよろしくないので
数字としては加味しませんが、
実際、急な故障というのは起こりうる問題ではありますよね。

自分で購入した腕時計が壊れたとしたら…
壊れたままでは買取は25%ダウンどころではないですし、
直すとしても余計な費用が掛かります。

KARITOKEでは、
通常使用で生じるキズや故障の保証費用は
月額料金に含まれているので考える必要がありません。
KARITOKEを検討する際の付加価値となります。

KARITOKEはいいことづくめ

いいことづくめのKARITOKEです。
とりあえずの会員登録は無料で、
使いたい月に申請するような感じです。
なので例えば新生活が始まる4月だけガツンと かます!だとか、
上着の袖で時計が隠れる冬の間は
利用を休止するといった使い方もできます。

普通にいいことづくめなKARITOKEです。
このブログ記事は、まだまだ長いので
とりあえずKARITOKEサイトで見たいかたは、どうぞ。
(別ウインドウで開きます)

ここからはKARITOKEと使うべきではない人、というのを考えてみます。

KARITOKEを使うべきではない人

めちゃくちゃいいサービスと思えるKARITOKEですが、
KARITOKEを使わない方がいい人もいます。
それが、こんな人。

KARITOKEを使うべきでない人
  • 1本の時計を長ぁ~く使いたい人
  • ROLEXにしか興味が無く、なおかつ
    購入したROLEXの相場が上がるまで維持できる人

1本の時計を長ぁ~く使いたい人

まずは1本の時計を長く使おうと思っている人です。
料金プランやモデルにもよりますが、
先ほどからの計算ではプレミアムプランなら半年、
エグゼクティブプランなら1年に1回は
時計を変えたほうがいいという結果でした。

ですので、KARITOKEで1本の時計を借りて、
3年も5年も使うつもりであれば、
それはもう、普通に買ったほうがいいです。

購入したROLEXの相場が上がるまで維持できる人

もう1つは、ROLEXにしか興味がなく、
かつロレックスをその都度売らずに買い足せる人です。

どういうことかというと、
ロレックスの場合は使って売っても、買った値段と同じくらいだったり
買った値段より高くで売れたりします。

買って1ヶ月で相場が上がって
買った金額と同額で売れるとは考えにくいのですが、
買ったロレックスを売らずに、相場が上がるまで維持しておける方にとっては、
KARITOKEでロレックスを借りるくらいなら、購入してしまうのがいいです。

これはKARITOKEでロレックスを借りるのが損ということではなくて、
あくまでロレックスにしか興味がなくて、
なおかつ、KARITOKEで1ヶ月に1回ROLEX交換するようなペースで
1ヶ月に1回、ROLEXを買い足していける方にとっては、
借りるより買ったほうが得かもという話です。

ですので色んなブランドの時計を交換する中で
ROLEXを借りてみるというのはアリです。

最後に、理想の利用スタイルというのを考えてみました。

KARITOKEの理想の利用スタイル

時計好きの方って、既に何かしら時計を持っていますよね。
既に一生持ち続けると決めた時計を持っていて、
それ以外の時計は、数ヶ月に1回買い換えているような人は
残りの、買い替え枠の時計については
KARITOKEに切り替えてみてはどうでしょう。

今回説明した例を参考に、
ご自身の買い替え頻度と照らし合わせて、
検討してみる価値は十分にあります。

実際1ヶ月に1回買い換えるなんて、
普通の人にはまず不可能に近いことですから
色々つけてみたい時計好きにとっては
結構いいサービスだと思います。

まとめ

今回はkARITOKEのサービスについて
バイヤー視点で解説してみました。
私自身、「レンタル」と聞いただけで
食わず嫌いだったところもあったのですが
冷静に考えてみると、頻繁に買い換えているくらいなら
レンタルするのと同じようなもの
なんですよね。

KARITOKEは今絶賛シェア拡大中のため
初月50%OFFという神セールをやっていますので
今のうちに試してみましょう!

このブログではYouTube動画と並行する形で
記事を更新しています。
今回のKARITOKEについても
YouTubeで解説動画をUPしていますので
是非チャンネル登録をお願いします~!

腕時計オーバーホール業者ランキング
時計修理専門店CIEN(シエン)

CIENさんは、元ロレックスの技術者さんを始め、
メーカー出身者が揃う、まさに時計修理のプロ集団です。
見積もりは無料で、
作業を依頼しない場合にもキャンセル料は掛かりません。
見積もり依頼をすると、無料で梱包キットが届くので、
依頼したい時計を入れて送るだけです。

時計修理専門店WATCH_COMPANY

お次にご紹介するのはウォッチカンパニーさんです。
時計雑誌「パワーウォッチ」などでご存知の方も多いでしょう。
中古時計販売店からの依頼も請け負っている
大規模な修理業者さんです。
もちろん個人でも見積もり依頼できます。

ウォッチワース

最後にご紹介するのはウォッチワースです。
何を隠そう、私が運営しています。
提携している修理工房は、時計の修理一筋40年の老舗で
私も会社員時代から合わせると、もう12年のお付き合いとなります。
無料梱包キットと、1年保証が付帯します。
約150のブランドのオーバーホール基本料金を自動で応答する公式LINEも
ご活用ください。

腕時計
ブログランキング
この記事が気に入ったらシェアしてくださいね
いのえーをフォローする
いのえー.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました