IWC アクアタイマー ディープⅡさわってみた!

腕時計

IWCのアクアタイマー、ディープツーをさわってみました。
まずはYouTube動画でご覧下さい♪

IWC アクアタイマー ディープⅡさわってみた 機械式水深計を備えた本格派ダイバーズ時計!

商品データ

ブランド :IWC(アイダブリュシー)
品名:アクアタイマー ディープII
型番:IW354703
国内定価: 1,826,000円(税込)
ムーブメント:自動巻き
防水:120m防水
素材:ステンレススチール(SS)
ケース径: 46mm
重量:215g

レビュー

国内定価は182万円ですが、
並行輸入では140万円前後で販売されています。


超高級時計ですが、
素材はステンレススチール、見た目もきらびやかという感じではありません。

この時計のすばらしさは、そういったゴージャス感ではなく、
機械式の水深計を備えているということです。
内部に組み込まれた圧力変換機に、
加わった水圧から水深を割り出し、表示させる機構です。

ほとんどの方が使うことのない機能ですが、
いかにもプロの計器といった時計で
所有する喜びを感じますね。

ケース径は46mm、厚みは16mmあって、
いわゆるデカアツ時計ですね。
重さはなんとビックリ215gあります。

水深計の使い方ですが、
この水深計には青赤2つの針があり、
青色が深度表示計で、赤いほうが最大深度表示計です。

ざぶんと海に入って潜っていくと、
青赤両方の針が、同じ用に12時位置から6時位置方向へ動きます。

例えば40mまで潜った後、浮上するとすれば、
赤い針は40mのところで止まり、
青い針はまた12時位置に向かって上がります。

つまり、赤い針では、そのダイビングでどこまで潜ったかが、
ボタンなどを押すことなく、記録されるというわけです。

浮上しても、赤い針は40を刺したままになるので、
向かって左下のリセットボタンで0位置にもどす、というわけです。

向かって左中央のリューズは何かと言うと、
気圧によって、表示される水深に誤差が出る為、
潜る前に、気圧に応じて若干動く針を0にリセットするための調整リューズです。

この調整リューズのリューズガードが
雰囲気あってかっこいいですね。
リューズガードの裏側はペルラージュ仕上げになっています。

あとはダイバーズウォッチなので、
逆回転防止機構つきの回転ベゼルが装着されています。

これはダイバーが潜水時間を計るためのものですが、
休憩時間やカップラーメンの時間を計ったり、
日常でも活用することが出来ます。
この辺りについてはグリーンサブの動画で具体例を上げているので、
ぜひそちらもご覧くださいね。

バックルはプッシュボタン式で外しやすいです。
バックル中もペルラージュ仕上げで美しいです。

ブレスは、工具無しで簡単に着脱できます。
気分に合わせて
簡単に替えれる機能はうれしいですね。

まとめ

本格ダイバーウォッチは存在感があってかっこいいですね。
機械式水深計など、日常で使うことはまず無いですが、
持っているだけで話のネタになります(笑)

ファッションブランドの、中身の無い、
ただデカくて厚いだけの時計も沢山ありますが、
色々な機能を盛り込んだ結果のデカアツが、
男心をくすぐりますよね!
少しでも参考になれば嬉しいです。

【365日・24時間受付中】ブランド品の買取ならバイセル



腕時計オーバーホール業者ランキング
時計修理専門店CIEN(シエン)

CIENさんは、元ロレックスの技術者さんを始め、
メーカー出身者が揃う、まさに時計修理のプロ集団です。
見積もりは無料で、
作業を依頼しない場合にもキャンセル料は掛かりません。
見積もり依頼をすると、無料で梱包キットが届くので、
依頼したい時計を入れて送るだけです。

時計修理専門店WATCH_COMPANY

お次にご紹介するのはウォッチカンパニーさんです。
時計雑誌「パワーウォッチ」などでご存知の方も多いでしょう。
中古時計販売店からの依頼も請け負っている
大規模な修理業者さんです。
もちろん個人でも見積もり依頼できます。

ウォッチワース

最後にご紹介するのはウォッチワースです。
何を隠そう、私が運営しています。
提携している修理工房は、時計の修理一筋40年の老舗で
私も会社員時代から合わせると、もう12年のお付き合いとなります。
無料梱包キットと、1年保証が付帯します。
約150のブランドのオーバーホール基本料金を自動で応答する公式LINEも
ご活用ください。

腕時計
ブログランキング
この記事が気に入ったらシェアしてくださいね
いのえーをフォローする
いのえー.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました