並行輸入品の時計のデメリット「修理お断り問題」

並行輸入について

並行輸入の腕時計って安くて魅力的だけど、
故障したときの修理代が心配。保証はあるの?

と、購入後のアフターフォローについて
知りたいと考えていませんか?

本記事では並行輸入品の保証や修理について、
国内正規品との違いをわかりやすく解説しています。

この記事を読めば、
国内正規品と並行輸入品の違いがわかった上で、
より自分に合った選択が出来るでしょう。
YouTube動画でもザックリ解説しています!

中古ブランド品や時計を扱う企業で12年勤務し、
現場の店長として
これまでに数千本の腕時計を売買した経験があり、
並行輸入の新品腕時計も扱っていました。
現在はフリーで情報発信をしていますので、
中立な立場で信頼出来る情報をお伝えしています。
ぜひ、最後までご覧下さいね。

国内正規品と並行輸入品の違い

時計自体は同じもの

国内正規品と並行輸入品で時計本体の違いはありません。
その理由は、並行輸入品もどこかしらの国の正規品だからです。
具体的には、こちらのブログ記事で詳しく解説しています。

並行輸入品の腕時計って偽物?!

並行差別は存在する

並行品を買うデメリットといえば、
国内正規品であれば受けることができるサービスを
受けることができない。

あるいは受けれるが割高になる。というものです。

ごく一部のブランドで、この並行差別が存在します。
区別のあるブランドを列挙しておくと、
フランクミュラー、ブライトリング、
タグホイヤー、ウブロなどが有名です。

各ブランドの並行差別の内容

フランクミュラーは、
国内においては最も並行差別が激しいと言えるでしょう。
国内正規品以外は
国内でメーカー修理を受け付けてくれない場合があります。

その他のブランドは、修理代の差別です。
国内正規品だけの割引、あるいは並行輸入品は1.5倍など、
並行輸入品を国内でメーカー修理に出すと、割高になります。

並行差別は気にしなくていい

修理やアフターフォローの差は
あまり気にしなくてOKだと思います。

理由は2つあります。

大した金額差ではない

修理代に差があるブランドの場合
その修理代の差額は気になるところです。
実際、メーカーでのオーバーホール代で考えると
3万円前後の金額差でしょうか。
一見大きな金額差に思えますが…
それに比べて時計本体を購入する際は、
もっと大きな金額差がありますよね。

例えばこのタグホイヤーのカレラ。
国内定価は539,000円です。
並行輸入では349,800円。その差なんと189,200円。
タグホイヤーは国内正規品だと
オーバーホール料金が30%引きになります。
クロノグラフのオーバーホール代は
メーカーに出すと6万円ほどです。
6万円の3割で18,000円。
3-5年に一回のオーバーホールです。
価格差で元を取るころには、
すっかりアンティーク時計になっていますね。

そうはいってもフランクミュラーは、
並行輸入品だとそもそも修理してくれないわけで、
困りますよね。
それすら克服する究極の方法が、理由の2つ目です。

メーカー修理にこだわる必要なし

そもそもメーカー修理に出さなければいいってことです。
国内正規のメンテナンスを受けなくても、
腕のよい修理業者さんは沢山あります。
契約上の理由で公表はしていなくても、
有名ブランドの国内正規の仕事を請けている
一般の修理業者さんもあります。
となると、国内正規の修理との違いは、
メーカーの修理証明が出るか否かというところでしょうか。

また、修理やオーバーホール(分解掃除)の際に
部品交換が必要であれば、よっぽどヒドイ業者じゃなければ
普通はメーカーから純正パーツを取り寄せ使用します。
なので、作業者が違うだけ です。

先述のフランクミュラーなどは
並行輸入のシリアルだとパーツを出してくれないこともありますが
海外から取り寄せれば、
お金と時間は確かに国内正規より掛かる場合がありますが
修理できなくて途方に暮れるような事態にはなりません。

また、あくまで、お金と時間が余計に掛かるのは
パーツ交換が必要な場合であって、
普通に使用していて、
3年~5年に1回オーバーホールをしていれば、
パーツ交換が必要になることは
ほぼありません。
オーバーホールとは分解掃除ですから、
単に分解して、掃除して、油をさして、組み直すだけです。

優良な時計修理業者さん

個人でも依頼できる
優良な時計修理業者さんを列挙しておきます。
ちなみに私が運営している世界一小さな時計屋WatchWorth(ウォッチワース)でも
オーバーホール承っています。

時計修理専門店CIEN(シエン)

CIENさんは、元ロレックスの技術者さんを始め、
メーカー出身者が揃う、まさに時計修理のプロ集団です。
見積もりは無料で、
作業を依頼しない場合にもキャンセル料は掛かりません。
見積もり依頼をすると、無料で梱包キットが届くので、
依頼したい時計を入れて送るだけです。

時計修理・オーバーホール専門店シエン

時計修理専門店WATCH_COMPANY

最後にご紹介するのはウォッチカンパニーさんです。
時計雑誌「パワーウォッチ」などでご存知の方も多いでしょう。
中古時計販売店からの依頼も請け負っている
大規模な修理業者さんです。
もちろん個人でも見積もり依頼できます。

時計修理・オーバーホールの【WATCH COMPANY】はこちら

まとめ

いかがでしたか?
若干、並行輸入品寄りの記事になってしまった感がありますが、
単純に「数字」で検討すると、
並行輸入品に軍配が上がるのは事実です。
しかし、 例えば「大切な贈り物は
デパートに入っている正規店で買いたい。」
といった
気持ちの面までは踏み込むことは出来ません。
どちらが正義、というわけではないですが
並行輸入品という選択肢があるということと、
国内正規品と並行輸入品の違いを正しく知った上で、
一番ご自分に合った選択をするための
参考になれば嬉しいです。

腕時計オーバーホール業者ランキング
時計修理専門店CIEN(シエン)

CIENさんは、元ロレックスの技術者さんを始め、
メーカー出身者が揃う、まさに時計修理のプロ集団です。
見積もりは無料で、
作業を依頼しない場合にもキャンセル料は掛かりません。
見積もり依頼をすると、無料で梱包キットが届くので、
依頼したい時計を入れて送るだけです。

時計修理専門店WATCH_COMPANY

最後にご紹介するのはウォッチカンパニーさんです。
時計雑誌「パワーウォッチ」などでご存知の方も多いでしょう。
中古時計販売店からの依頼も請け負っている
大規模な修理業者さんです。
もちろん個人でも見積もり依頼できます。

並行輸入について 腕時計
スポンサーリンク
ブログランキング
この記事が気に入ったらシェアしてくださいね
いのえーをフォローする
いのえー.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました